高校野球岩手県大会はしぶとく攻め勝つ花巻東高校が優勝

高校野球岩手県大会はしぶとく攻め勝つ花巻東高校が優勝しました。今年度の岩手県は甲子園では大躍進を遂げました。盛岡大付高校が選抜、選手権ともにベスト8に勝ちあがり、見事な見せ付けました。春の選抜で2回戦に前年選抜優勝の智弁学園に勝ち、夏の初戦でも前年夏の王者作新学院に勝つなど優勝校キラーの異名を取り岩手県が強豪のイメージを植え付けました。

そしてこの秋は花巻東が躍動して優勝。この花巻東も2009年に菊池雄星投手を擁して甲子園春準優勝、夏ベスト4と常勝チームとなりました。この秋は投手陣が不安定ながらも勝ち上がり県大会2回戦では1-0ときわどい試合をものにしました。続く準々決勝でも盛岡工業相手に5-4と1点差で勝利し苦しみながらも持ち前の勝負強さで勝ち上がり、準決勝ではこちらもかつての甲子園常連校の一関学院あいてに初回に3失点してしまい、すぐに2点を返しますが、3回に再び失点と苦戦をしました。しかし4回に逆転してからは2人の投手リレーで守りきり6-4で勝利しました。

決勝戦の黒沢尻工との戦いは5回まで0-0と緊迫した展開となりましたが、終盤に集中力を発揮して、後半相手の攻撃を凌いで6-3で勝利。この試合も3人の継投がはまりました。競り合いに強い花巻東の力が示された大会となりました。