初めての能

伝統芸能に造詣が深い友人の誘いで「鉄輪(かなわ)」を観に行ったことがきっかけです。バレンタインデーに元旦那と後妻を呪い殺す演目があって面白そうだから言ってみようと女4人で行ってきました。

また刀剣乱舞というゲームの影響で日本文化への興味に拍車がかかったことが大きい様な気がします。

近頃ゲームや漫画といったサブカルチャー経由で興味を持つ層が増えているとのことで前より構えず楽しめるようになってきた様に思います。

能の上演が終了した後、能楽師の方々によるトークコーナーや実際に上演された演目の朗読会などをしました。

そして一番心に残ったのがお舞台、楽屋ツアーです。楽屋では舞台で使ったお衣裳や能面を拝見させて戴きました。写真も撮っていいとのことで有難く納めさせていただきました。また、本舞台にも上げらせていただき踏みしめさせてもらいました。ここでは能における基本所作を能楽師の方に教えていただいたり貴重な体験を致しました。

一見とっつきにくそうな能ですが、回を重ねるごとに知識も増え味わいが増すと思います。私が能初心者であったので分かりやすい演目を選んで誘ってくれた友に感謝しています。どの伝統芸能にも共通だと思われますが初心者はまずは王道から、といったところでしょうか。