今日一日の出来事

今日は、朝からウォーキングに行ってきました。

いつもは家の近所の大きな公園を歩くのですが、今日は気分を変えて違う道を歩いてみました。

小さなお店やカフェがたくさん並んでいる少し賑やか道を歩いてみました。

歩いていると、可愛らしいお洒落なカフェを見つけました。

お店の佇まいから、素敵な雰囲気を感じ取ることができました。

またお気に入りのカフェを見つけることができてラッキーだなと思いました。

今度、来店してみようと思います。

ウォーキングから帰ってくると、3時間程仕事をしました。

歩いてきて頭が冴えている状態だったので、仕事も捗りました。

私の仕事はデスクワークなので、運動不足にならないように気を付けているつもりです。

ウォーキングは、週に3~4日行うようにしているし、家でも家事をしたり、掃除をしたりしてできるだけじっとしていることがないようにしています。

また仕事のし過ぎにも注意しています。

適度に休憩も挟んで、ときにはリラックスする時間も大切にしています。

これから晩御飯の準備をしたいと思っています。

今日の晩御飯は、オムライスとブリのみそ汁とサラダにします。

美味しく作られるように丁寧に急がず作っていきたいと思います。

女性実感度に浸るとき&そろそろカット

定期的にトリートメントが習慣づいている私。日々のヘアケアでは、トリートメントタイムがいちばん女性実感度があるかもしれない。女性としての自分や、女性であるっていうことを愉しんでるなぁ~という感じがする(笑)。

いつもそのときそのときで洗い流すタイプと洗い流さないタイプ、両方のトリートメントでヘアケア。いくら間隔が空いても3日に一回は、サッとでも洗い流さないタイプのトリートメントを使って髪に栄養を与えてからおやすみタイム。

ヘアドライ後、ササッとお手軽にできるのが嬉しい洗い流すタイプに対して、お風呂でシャンプー&コンディショナー後になじませるのが洗い流さないトリートメント。コンディショナーしてから洗い流し、軽く水を切ってからトリートメントを数分ぐらい髪全体になじませる「仕込み」タイムがポイント。

今回もこの「仕込み」のおかげで、その晩といい翌朝の今日といい髪全体がサラッサラだ。気持ちいいぐらい指通りもよくなるし、香りもいいし、やっぱり女性気分上がることには違いない(笑)。洗い流すタイプは洗い流さないタイプのトリートメントよりも時間をかける分、髪全体にアプローチが効いているのがいつも分かる。

ロングもいいけど毎朝のヘアセットがけっこう大変なので、そろそろヘアカットに行こうといろんなヘアスタイルをチェック中の今日この頃。いいスタイルないかなー。

高校野球岩手県大会はしぶとく攻め勝つ花巻東高校が優勝

高校野球岩手県大会はしぶとく攻め勝つ花巻東高校が優勝しました。今年度の岩手県は甲子園では大躍進を遂げました。盛岡大付高校が選抜、選手権ともにベスト8に勝ちあがり、見事な見せ付けました。春の選抜で2回戦に前年選抜優勝の智弁学園に勝ち、夏の初戦でも前年夏の王者作新学院に勝つなど優勝校キラーの異名を取り岩手県が強豪のイメージを植え付けました。

そしてこの秋は花巻東が躍動して優勝。この花巻東も2009年に菊池雄星投手を擁して甲子園春準優勝、夏ベスト4と常勝チームとなりました。この秋は投手陣が不安定ながらも勝ち上がり県大会2回戦では1-0ときわどい試合をものにしました。続く準々決勝でも盛岡工業相手に5-4と1点差で勝利し苦しみながらも持ち前の勝負強さで勝ち上がり、準決勝ではこちらもかつての甲子園常連校の一関学院あいてに初回に3失点してしまい、すぐに2点を返しますが、3回に再び失点と苦戦をしました。しかし4回に逆転してからは2人の投手リレーで守りきり6-4で勝利しました。

決勝戦の黒沢尻工との戦いは5回まで0-0と緊迫した展開となりましたが、終盤に集中力を発揮して、後半相手の攻撃を凌いで6-3で勝利。この試合も3人の継投がはまりました。競り合いに強い花巻東の力が示された大会となりました。

人の伸びと犬歯の老化の内容

類人猿と人間を区別する決定的なものは、犬歯の有だと言われています。自身には犬歯がありません。
それは類人猿が猿ヒトになる成長の制度の中で年齢して言うと考えられています。ですから類人猿の面構えの化石の中には犬歯があります。犬歯があるは、猿ヒトではないということになります。それまでは類人猿の腰骨の化石から判断して、二徒歩進度ができないことが決定的な区分の証拠になると考えられて来ました。猿ヒトが教養ヒトになるためには、二徒歩進度が絶対的に必要だからです。猿ヒトは二徒歩進度ができる腰骨になっています。そうして二徒歩進度ができることによって、両手が自由になりました。自由になった両手は機具を組み立てることを可能にしました。そうして人間は火を使うことができるようになりました。火の察知は食べ物を潤沢にしただけではなく、寒いウェザーの中で暖をとったりして安否効用を高めて生きました。そうして次は単語の実行が重要な因子となってしまう。それは単語がなければ教養を後続することができないからです。環境最古の人間はアフリカで発見された「アウストラロピテクス」だと考えられて来ました。ただし現在では「ラミダス猿ヒト」の化石が発見されて、環境最古と言われています。