「自分は自分」って、それ固定概念ではないですか?

皆さんは、周りとは違う、ちょっと変わった趣味などはありますか?

「アイドルの追っかけ」「YouTubeへの動画投稿」「マイナーな漫画のキャラクターフィギュア集め」。いざ口に出してみるとサブカルチャーなものばかりで、趣味としては真新しいのか、日本人が発祥にも関わらず、なんだか異質な文化のように感じますね。

私の趣味は男装です。性別はもちろん女。心はどちらともつかずふらふらとしています。最近、巷では流行している「ジェンダーレス男子」「ジェンダーレス女子」「LGBTQ」というワードに聞き覚えはないですか?

私がこの趣味にはまったのは大学生の就活シーズンでした。面接という大人の仲間入りに上手く立ち回れず、落ちてばかりの日々でした。形式ばった自分を作ってお披露目しても、なんらそれは役には立たず、自分は第一志望の会社には落とされてしまいました。「自分でいることを固定する、ということに疲れたな」そう思ったのがきっかけだったのかもしれません。男装趣味の始まりでした。

元々、女性らしい格好よりボーイッシュなファッションの方が好みではありました。実際に男になりきるというお遊びは、どちらかといえばコスプレに近かったのかもしれません。しかし、これが意外と面白く、男の自分と女の自分では立ち振る舞いが変わってくるのです。男性の時はクールに、表情も少し堅い。とにかくもうかっこつけてしまうのです。「自分が男だったらこんな風だったのかな」と、新たな自分の表情を知るきっかけになりした。

自分という姿はどこに転がっているかはわかりません。性別に拘らないのも一つの在り方です。「自分は自分」だなんて思っている方は少なくはないとは思いますが、本当にその言葉は、自分という個を表現出来ているのでしょうか?当たり前に持っている性別、名前、性格。この個性を知るのに趣味は大きな指標になると思います。ただ、指標は一つでなければならない訳ではないと思います。自分を表現するのに、指標はいくらでもあっていい。一貫性がなくてもいい。今より更に視野を持った自分と、出会ってみたくはないですか?

箸置きを自作しました。

食事の用意をしていて、食卓におかずを並べ始めた時に箸を直接テーブルに置きたくなくて、おかずの乗ったお皿の上に箸を置いていたのですがバランスが悪く、いつも転がってしまうので箸置きを探していました。

ですが気に入った箸置きが見つからず、いつまでも買えずじまいでいました。

ネットで探していても何かちょっと違うなと思い、気に入ったものがあっても高値であったりピンと来るものがなかったので、しびれを切らして自分で作ることにしました。

幸い私は物作りが好きでネイルを自宅で行っていたり、アクセサリーを作成するためにレジンを扱っていたりするのでUVランプを持っています。

なのでレジンで箸置きを作ることにしました。

自分で作れるのでデザインも思い描いて物を自由に作ることができるので、満足いく箸置きを作ることができました。

これで食卓にお皿を並べ始めた時に箸が転がってしまうことはありません。

今は私の分と彼氏の分の2つしか箸置きはありませんが、食事のジャンルに合わせて箸置きの種類を選べるように複数個作成しようと思っています。

生活に自分の趣味を生かすことができて良かったです。

趣味の幅を膨らませるために次は裁縫に挑戦してみようと思います。

デニムのバッグを作ってみたいなと思っています。

インドカレーの店ができた。

家の近所にインドカレーの店ができた。

そこは前、なんかようわからない飲食店だったので、インドカレーの店ができてうれしい。

店主は、たぶんインド人。

どうして、インド人の作るカレーはあんなにおいしいんだろう。インド人のカレー屋でまずかったためしがない。

前に住んでいたところに、いくつか店があってよく食べに言ってた。日替わりとかがあり、チキンと卵とか、キーマとかが多かったな。キーマは少し辛口。

なにかあるんだよね、きっと。インドは、やっぱり毎日カレーなんだろうか?日本人は毎日寿司は大げさだけど、インドはどうなんだろう。当たらずも遠からずかな?

店にはぜひとも行かないとな。

店自体は小さいのだが、どんなメニューがあるんだろうか。

カレー、ラッシー、ナン。ほうれん草カレーとか魚のカレーとか、家では作らないものがあったらうれしいな。

あとは、ナンは必須!

ナンだけ、お持ち帰りとかできるのかな?

前、住んでいたところの近くのインドカレー屋では、それができた。しかも、ナンはすごく安かった。それに、膨らむからでかいし。

家カレーでも、ナンにつけるとまたちがう味わい。

ナンは、家で焼けないしね。

また楽しみが増えました。

初めての能

伝統芸能に造詣が深い友人の誘いで「鉄輪(かなわ)」を観に行ったことがきっかけです。バレンタインデーに元旦那と後妻を呪い殺す演目があって面白そうだから言ってみようと女4人で行ってきました。

また刀剣乱舞というゲームの影響で日本文化への興味に拍車がかかったことが大きい様な気がします。

近頃ゲームや漫画といったサブカルチャー経由で興味を持つ層が増えているとのことで前より構えず楽しめるようになってきた様に思います。

能の上演が終了した後、能楽師の方々によるトークコーナーや実際に上演された演目の朗読会などをしました。

そして一番心に残ったのがお舞台、楽屋ツアーです。楽屋では舞台で使ったお衣裳や能面を拝見させて戴きました。写真も撮っていいとのことで有難く納めさせていただきました。また、本舞台にも上げらせていただき踏みしめさせてもらいました。ここでは能における基本所作を能楽師の方に教えていただいたり貴重な体験を致しました。

一見とっつきにくそうな能ですが、回を重ねるごとに知識も増え味わいが増すと思います。私が能初心者であったので分かりやすい演目を選んで誘ってくれた友に感謝しています。どの伝統芸能にも共通だと思われますが初心者はまずは王道から、といったところでしょうか。

2018年3月28日水曜日ビットコイン日記

今日のチャートを見てみて下げ相場に転じてきたという実感があります。

SNSでの宣伝が禁止になってビットコインの価格がそれに反映された形になっているので、ビットコインの価格が下がっているのかなと思うのです。

しかし、悪いことだけではなくYahoo!の参入のうわさやビットコインでの買い物ができるお店が増えてきたことなども出てきていることや日本での悪材料が出尽くしたということから、しばらくはビットコインを買いたい人にとってはチャンスなのかなと思うのです。

価格が安くなってきているので、安いうちにビットコインを買い増しをし続けるという意味ではドルコスト平均法でビットコインを買っていくという方法が一番いい買い方になるのかなと思うのです。

安い相場のうちに少しづつビットコインを買い増しをしておいて高騰をするチャンスを待つというのも楽しみが増えますね。

もちろんある程度ビットコインを買ったらハードウォレットに保管してビットコインを盗まれないようにしておく必要があるのですがまだまだ少額で、しかもAmazonギフトを購入したのでビットコインの買い増しはしなきゃと思います。

これからビットコインで取引をするときは「今はビットコインの買い時」という認識でビットコインを貯めていこうと思います。