シェーヴルノート観てきました!

舞浜アンフィシアターで行われた音楽朗読劇シェーブルノート2日目昼公演観てきました。

本当は4公演全部観たかったけどさすがに今回はチケット代がお高かったもので泣く泣く1公演…でもせっかく行くからにはいい席でと思いプレミアム席!オリジナルワイングラスのお土産ももらえたし、どセンター4列目とめちゃくちゃ観やすい席でラッキーでした。

今回は演出にお金かかってますって感じが強くて、生演奏・生歌なのはもちろん雪(泡)やら紙吹雪やら花びらやらノートの切れ端やらとにかく色々降ってくる!主人公のジルドレが魔法を使うんだけどそのたびに特攻や火がドンパチドンパチ凄かった!

特に今回私が驚いたのは梅原裕一郎くんの演技。

イベントなどで何度か見たことはあっても生演技を見るのは初めてで、イケメンすぎる外見だけじゃなく本当に実力派な声優さんなんだなと再認識!熱く迫力のある泣きの演技にウルウルさせられちゃいました。

中村さんはいつも通りかっこよくて黒い魔法使いっぽい衣装もめちゃくちゃ似合ってて周りの実力ある先輩たちに飲まれることなくしっかり座長してました。

今回のストーリーは怒鳴りあったり声を張る箇所が多くてしかも4公演連続!さすがはプロだなぁと感心してしまいました。

耳だけじゃなく目も心も癒されて明日からも仕事頑張れそうです!

逆流性食道炎になりました

正月の暴飲暴食が祟り、夜中胃液が上がってきました。実は、こうした事が年々増えてきてはいましたが大抵の場合、午後にでもなると回復するので放置していたんですが、今回はそういう訳でなく、胃の上部分から食堂にかけてひりひりといたいのです。吐き気も酷く、かといってかかりつけの病院も丁度お休みという事もあり、市販の薬を買う事にしました。薬というと、食前食後とか水と一緒に飲む事がほとんどですが、これは水なしで飲むタイプのようです。それはそうと、1000円近い出費は痛い。でも痛みがひどいので耐えられませんでした。風邪とか頭痛は横になっていれば完治しますが、横になるとかえって痛いのです。むしろ直立していた方が楽でした。この状況では、睡眠にも悪影響も出ます。

水なしの薬は始めてです。さてどうやったらいいのか?と説明書きを読むと何のことはない。そのまま飲めばいいのです。しかしどういう味がするのか気がかりで、不味かったらやだなと思い、水は用意する事にしました。飲むとスポーツ飲料のような味がした後、スーというメンタムをぬったような感じが喉にします。幾分痛みも引いたような気がします。翌日無事回復しました。年を取ると色々不具合が出てくるなと、正月に自分の老いを感じてしまった。

お雑煮、おいしいね!

毎年この時期に、実家からお餅がたっぷり届きます。

冷凍庫の引出しが一つ、切り餅で埋め尽くされてしまうので毎日必死でそれを食べることになるのですが。

朝ごはんにいろんなパターンで作るお雑煮が、息子たちに意外と好評です。

今年のヒットは、常備菜の合い挽き肉のそぼろ(麺つゆと砂糖で濃い味に仕上げ、ご飯にかけたりする我が家の定番)と冷凍のミックス野菜で作ったコンソメベースのスープでのお雑煮です。

また、我が家では筑前煮でシイタケとニンジン、ごぼう、鶏肉などを煮ておいて、出汁と醤油ベースのつゆでお雑煮にしたところにトッピングするだけで朝から彩もきれいで美味しいお雑煮が出来ます。

今までやったことが無かったのですが、今度のお正月には白みそベースの関西風のお雑煮にもチャレンジしてみたいなぁ、と思うようになりました。

我が家はおせち料理にはそれほど凝りませんが、お雑煮はそれなりに豪華で、作る自分も楽しみだったりします。

今年のお正月の時には、筑前煮のニンジンを梅の花の飾り切りにしたので、それをお餅にトッピングして、ゆでた小松菜を添え、シイタケとごぼうも加えたら『料亭のお雑煮みたい~!』と好評でした。

そろそろ年末年始の食糧計画を本格的に練らないとな、と思っています。

久しぶりに両親と食事と移動を頂きました

最近、久しぶりに両親とめしをしました。かなり久しぶりに会って、思ったことは、両親、老けたなあと思いました。昔は一緒に暮らしていたので、四六時中嫌でも顔を合わせていましたが、今は離れて暮らしていて、久しぶりに会って顔付きを見たら時期をとったなあと思い、ちょっぴりかなしいビジョンになりました。

昔はよくスパムばかりかけました。ですからそろそろ親孝行しなきゃなあと思いつつ、何もできてない自分がいました。今回はちょっと上げの食堂でめしの帰路、ドライブしました。昔は、壮健だった両親もちょっとあるくだけですぐ疲れて仕舞うらしいので、愛車でドライブがいいかなと思い、車内で色んな発言をしながら、海を見に行きました。父兄は偉大って思ってたけど、今は俺がしっかりしないといけないんだなあって思いました。

父兄と入れる時間も四六時中、少なくなっている。もっと大事にしないとなあって思いました。今回、両親が多少なりとも嬉しいとしてもらえてたらよかったと思います。いつまでもずっと一緒にはいられないからこまめに連絡を取り合って間隔が合えば、一緒にめししたり、旅に連れて行ってあげるのもいいかなあと思います。そのために様々経験しようと思いました。明日からまた事業頑張ります。