キャッシング審査落ちはブラックになってないか注意

キャッシングに申し込んだら断られたのといった場合があります。総量規制は余裕があるし、年収も十分あるのに断られるのは何故だろうと不可思議に思われるでしょう。そういう時は一度自分の今迄の行動を洗い直してみましょう。もしかするとブラックリストに載っているのかもしれません。

ブラックリストというのは業界用語でなく、キチンと返済をしている人は信用調査会社の照会で返済がなされているという証明の『$』マークが並ぶので、ホワイトと呼ぶことに対し、延滞などをすると『A』マークが付くので、これがついてる人をブラックと呼んでいます。

Aマークは、61日以上の延滞をした人は届け出の義務があるとされてます。ちょっと待って、キャッシング断られたけど61日も延滞した事は無いという方もいるのでは無いでしょうか。これはあくまで61日以上の延滞者は必ず信用調査会社に届け出る義務があるだけです。ネットで61日過ぎなければセーフと言う根拠の無い話がなされていますが、実際の運用は2カ月連続で引き落としが出来なかったら延滞記録をつける等各業者の裁量次第になっています。

61日以内ならセーフと思って色々な所で延滞を繰り返していると、事故情報だらけのブラックリストになり、住宅ローン所かクレジットカードすら作れなくなりますので注意が必要です。

参考になったサイト
キャッシングの審査の基準は事前にわかるもの
http://www.terminosbancarios.com/sinsanaiyo.html