人の伸びと犬歯の老化の内容

類人猿と人間を区別する決定的なものは、犬歯の有だと言われています。自身には犬歯がありません。
それは類人猿が猿ヒトになる成長の制度の中で年齢して言うと考えられています。ですから類人猿の面構えの化石の中には犬歯があります。犬歯があるは、猿ヒトではないということになります。それまでは類人猿の腰骨の化石から判断して、二徒歩進度ができないことが決定的な区分の証拠になると考えられて来ました。猿ヒトが教養ヒトになるためには、二徒歩進度が絶対的に必要だからです。猿ヒトは二徒歩進度ができる腰骨になっています。そうして二徒歩進度ができることによって、両手が自由になりました。自由になった両手は機具を組み立てることを可能にしました。そうして人間は火を使うことができるようになりました。火の察知は食べ物を潤沢にしただけではなく、寒いウェザーの中で暖をとったりして安否効用を高めて生きました。そうして次は単語の実行が重要な因子となってしまう。それは単語がなければ教養を後続することができないからです。環境最古の人間はアフリカで発見された「アウストラロピテクス」だと考えられて来ました。ただし現在では「ラミダス猿ヒト」の化石が発見されて、環境最古と言われています。